東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

新型肺炎 韓国・大邱から入国拒否 政府方針

 政府は、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する韓国南東部の大邱(テグ)市と慶尚北道清道(キョンサンブクトチョンド)郡に滞在歴のある外国人の入国を拒否する方針を固めた。二十六日午後の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で決める。複数の政府関係者が明らかにした。これまで入国拒否は新型肺炎が発生した中国の湖北省と感染者が多い浙江省に限っていたが、初めて中国以外に広げる。

 韓国政府は二十六日、新たに百六十九人の感染が確認され、感染者が計千百四十六人になったと発表した。中国以外では最多。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で入国拒否措置に関連し「感染拡大している地域から、日本への感染者の流入を防ぐことが不可欠だ」と話した。

 入国拒否は、日本への入国申請日より前の十四日以内に、大邱市や慶尚北道清道郡に滞在歴のある外国人が対象。二十七日午前零時に効力を発生させる。現地に滞在している日本人を帰国させるための政府チャーター機の派遣は、現時点では検討していない。

 韓国外務省当局者は二十六日、日本政府に対し「韓国の国民に、過度であったり不合理だったりする措置があってはいけない」として慎重な対応を取るよう求めたことを明らかにした。

 日本外務省は二十五日、大邱市と慶尚北道清道郡の感染症危険情報に関し、不要不急の渡航の自粛を求めるレベル2に引き上げた。韓国政府は感染の危機レベルを四段階で最高の「深刻」に引き上げ、対応を強化している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報