東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

森法相の不信任決議案を提出 4野党 予算委員長解任案も

 立憲民主、国民民主など野党四党は二十七日、森雅子法相の不信任決議案と棚橋泰文・衆院予算委員長(自民)の解任決議案を、衆院に提出した。

 立民の安住淳国対委員長は森氏について、黒川弘務東京高検検事長の定年延長を巡り、従来の法解釈を超えて特定人物の定年を延長し、法治国家の根幹を揺るがしたと指摘。棚橋氏に関しては「公平公正な委員会運営をしてこなかった」と話した。野党国対委員長会談後、記者団に語った。

 与党は同日の衆院本会議で両決議案を否決し、二〇二〇年度予算案を二十八日までに採決、衆院を通過させる方針だ。

 衆院予算委は二十七日午前に一般質疑を行った。人事院の一宮なほみ総裁は、黒川氏の定年延長を巡り、規定適用を人事院が了承する旨を法務省に回答した文書について「手続きとしての決裁は取っていない。人事院の考え方を整理しており、改めて議事録を作成する必要はない」と語った。立民の川内博史氏への答弁。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報