東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

那覇空港、第2滑走路開始 国際線運休 先行き見えず

供用が始まった那覇空港の第2滑走路に着陸する航空機(奥)。手前はターミナルビルに向かう航空機=26日午前

写真

 那覇空港で二十六日、二本目の滑走路(二、七〇〇メートル)の供用が始まった。空港全体の安定的に運用できる年間発着容量は現在の約一・八倍の年二十四万回に膨らむが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で那覇発着の国際線がいずれも運休し、先行きは視界不良だ。

 沖合の約百六十ヘクタールを埋め立てて建設し、総事業費は約二千七十四億円。航空便の拡大に伴って課題となっていた混雑が解消するが、新型コロナの影響が落ち着いた後は航空便の新規就航や、増便が期待できそうだ。沖縄県の玉城デニー知事は「二本の滑走路を最大限に生かした世界水準の拠点空港を目指していく」とのコメントを出した。

 日本航空傘下の日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市)の青木紀将社長は二十六日、報道陣に「新型コロナの感染が終息後、積極的に国際線のチャーター(便の運航)などを実施するつもりだ」と意欲を示した。「沖縄美ら島財団」の花城良広理事長は「沖縄観光のリカバリー(回復)をしないといけない」と話した。

 沖縄県によると、同県の二〇一九年の入域観光客数は前年比3・2%増の千十六万三千九百人となり、暦年として初めて一千万人を上回った。だが、新型コロナの感染拡大が響いて今年二月は前年同月比23・5%減の五十九万九百人となり、三月の減少率はさらに拡大する見込みだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報