東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

「舌はないけどがんと生きる」 闘病記あす発売

写真

 がんで舌の大部分を切除した荒井里奈さんが社会復帰をし、肺や神経への転移がありながらも、がんと明るく共存する日々をつづった「舌はないけど がんと生きる」=写真=を発売します。中日新聞朝刊に連載中の闘病記を書籍化しました。

 岐阜県在住の著者は、40歳で舌下腺に腺様のう胞(ほう)がんを発症して手術を受けました。後遺症と闘いながらリハビリを続け、講演や患者会活動にいそしんでいます。

 本書では、他のがん経験者の体験談も収載。医療の発達で、がんを抱えながら日常生活を送る患者が増えている現在、がんと共存するために求められる患者の生き方、社会の在り方も提案しています。

 定価1540円(税込み)。四六判160ページ。問い合わせは中日新聞社出版部=(電)052(221)1714=へ。

 東京新聞

 

この記事を印刷する

PR情報