東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

埼玉県議会改革へ組織 議長に4会派要望

 県議会の立憲・国民・無所属、県民会議、共産、改革の四会派は十二日、議会改革を進めるための組織を議会内に設置するよう求める要望書を斉藤正明議長に提出した。

 要望書では、政務活動費の領収書のインターネット公開を巡る議論が進まないことを「県民には消極的姿勢であると受け取られかねない」と指摘。来春の改選を前に、県議会の課題を総合的に議論する場を議長のリーダーシップで設けるように求めた。

 立憲・国民・無所属の浅野目義英代表は提出後、報道陣の取材に「議会は費用弁償や視察の在り方など大小たくさんの問題を抱えている。(最大会派の)自民とも話して議会全体として前に進めたい」と語った。

 四会派は政活費を不正受給したとして元自民県議が八月に書類送検されたことを受け、「政治倫理の確立を求める要望書」も同時に提出した。 (井上峻輔)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報