東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

秋告げる紅、露化粧 日高・巾着田でヒガンバナ咲く

写真

 日高市の巾着田曼珠沙華(きんちゃくだまんじゅしゃげ)公園で、秋の訪れを告げる曼珠沙華(ヒガンバナ)が咲き始めた=写真。14日は小雨が降る中、水滴に覆われた大小の花弁が写真愛好家らを出迎えた。

 3.4ヘクタールの自生地に日本最大級の500万本が群生している。開花の最盛期は20日ごろで、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景が広がる。今月下旬まで楽しめそうだという。

 蛇行して流れる高麗川に囲まれた同公園は1970年代初めまで、藪(やぶ)や竹林に覆われていた。日高町(当時)が整地したところ、9月ごろに曼珠沙華が一斉に咲きそろった。河川増水による漂着物の中に交ざっていた球根が根付いたとみられる。

 西武線高麗駅から徒歩約15分。開花期間中は入場料300円(中学生以下無料)。問い合わせは日高市産業振興課=電042(989)2111(代表)=へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報