東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

犯罪被害防止に一役 草加署、パンチ佐藤さんらに「抑止隊」委嘱

犯罪被害防止への協力を任された(左から)岡本さん、山本さん、パンチ佐藤さん=草加署で

写真

 犯罪被害の防止に一役買ってもらおうと、草加署は二十七日、署の犯罪被害抑止隊長を元プロ野球選手のタレント・パンチ佐藤さん(53)に、特殊詐欺被害抑止小隊長をお笑いコンビ「ボヨンボヨン」の岡本昌典さん(34)=東松山市出身=と山本修平さん(35)にそれぞれ委嘱した。任期は十月から一年間。

 同署管内では今年、二十五日現在でニセ電話詐欺などの特殊詐欺被害を前年比二十件増の八十五件認知、交通死亡事故が七件発生していて、ともに県内ワーストの状況だという。

 佐藤さんは「カードを渡せ、という電話がかかってきたら、自分たち三人の顔を思い出して」と呼び掛けた。岡本さんは「(特殊詐欺被害の防止は)一人では難しい。家族で問題を共有してほしい」と話した。

 佐藤さんはテレビや講演などで被害防止を訴え、ボヨンボヨンの二人は特殊詐欺をネタにしたコントで啓発していくという。

 同署の新井共実(ともみ)署長(58)は「任命した三人は話がうまいのが共通。被害防止に協力してほしい」と話した。 (森雅貴)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報