東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「過ちを改め 原発ゼロを早く」 小泉元首相が浦和区で講演

原発ゼロを来場者に訴える小泉元首相=さいたま市で

写真

 原発の即時ゼロを主張する小泉純一郎元首相が十二日夜、さいたま市浦和区の埼玉会館で「日本の歩むべき道」と題して講演し、原発ゼロと自然エネルギー活用の実現を訴えた。

 小泉氏は首相時代に原発推進の立場だったが、福島第一原発事故で考えを改めたと強調。「福島事故は人災」と語り、安全性の問題を抱えながら原発再稼働に進む国を批判した。

 その上で、福島事故を教訓に「ピンチをチャンスに変えるべきだ」と主張。太陽光などの自然エネルギーが急速に普及している現状を踏まえ「過ちを改めることは良いこと。(原発ゼロは)早ければ早いほうがいい」と語った。

 講演会は、NPO法人埼玉自然エネルギー協会などでつくる実行委員会が企画。約千六百人が参加した。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報