東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

コアラ赤ちゃん「こんにちは」 県こども動物自然公園

ジンベランと赤ちゃん=いずれも東松山市で

写真

 県こども動物自然公園(東松山市岩殿)は八日、今春生まれたコアラの赤ちゃん二匹が十月の同時期に、それぞれ母親の袋から顔を出したと発表した。

 公園によると、二匹は三月二十八日に出産したドリー(六歳)と、四月二十日に出産したジンベラン(五歳)の赤ちゃん。コアラの赤ちゃんは生まれるとすぐに母親の腹の袋に入り、半年間ほど袋の中で過ごす。二匹は十月九日と十九日にそれぞれ顔を出し、ともに順調に育っているという。

 コアラの屋内展示室は現在、床暖房の改修工事中で見えにくくなっているが、来年一月には従来の展示を再開するという。 (中里宏)

ドリーと赤ちゃん

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報