東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

乳児放置越谷支部で初公判 「やめようと何度も思った」母親、子育ての苦悩語る

 草加市で生後八カ月の女児が真冬のトイレに長時間放置された虐待事件。十四日にさいたま地裁越谷支部で開かれた初公判で、保護責任者遺棄致傷と傷害の罪に問われた母親の上久保明日香被告(25)は、被告人質問で「当時は限界だった。やめようと何度も思ったが、(激しく泣かれる)状況が変わらず、やめられなかった」と子育ての苦悩を口にした。 (浅野有紀)

 検察側の冒頭陳述などによると、上久保被告は離婚した元夫との間にもうけた長男(2つ)と虐待していた長女の三人暮らし。離婚後も元夫は自宅にいることが多かったが、子育てには深く関わらなかった。

 被告人質問では、当時の状況が明かされた。長女は予定日より二カ月早く未熟児として生まれ、泣き方が激しく、三カ月を過ぎても首が据わらなかった。上久保被告は「成長面に不安があった」「泣きやまず、怖い存在になっていた」と述べた。

 昨年九月ごろから、平手で頭をたたいたり、つねったりする虐待を始めた。近隣住民から「子どもの声がうるさい」と苦情が入るようになり、さらにエスカレート。「この子がいなければ」とも考えた。泣き声が聞こえないようにするため、トイレに放置するようになったという。

 子育ての悩みを児童相談所に相談しなかった理由については「虐待をしていない時期から虐待を疑われ、頼ろうと思えなかった」と説明した。

 終始か細い声で、時折涙も見せていた上久保被告。杉田薫裁判官から「今後、成長した長女が自分になつかなかったらどうするか」と問われると「自分の子どもなのできちんと向き合う」と前を向いて答えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報