東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

元巡査に懲役3年 長女揺さぶり死 地裁判決

 さいたま市で三月、生後三カ月の長女を揺さぶり死亡させたとして、傷害致死罪に問われた熊谷署の元巡査生井力(いくいつとむ)被告(26)の裁判員裁判で、さいたま地裁は十九日、懲役三年(求刑懲役五年)の判決を言い渡した。

 河村俊哉裁判長は判決理由で、犯行態様について「首の座りきらない長女に重い脳損傷を生じさせる危険性の高い行為」と指摘。被告が、乳児を揺さぶる危険性を認識していたことから「悪質性は、殴る蹴るなどの明確な攻撃行為と異ならない」とした。

 被告が積極的に育児に関わっていたことから、一時的で突発的な犯行と認定。一方、激しく泣かれたことにいらだち、感情を爆発させて犯行に及んだとして「長女を保護すべき立場でありながら、自分の気持ちを優先させた」などとし、実刑が相当と結論付けた。

 判決によると、生井被告は三月二十二日、さいたま市の自宅で生後三カ月の長女の両脇を両手でつかんで前後に複数回激しく揺さぶるなどして脳にけがを負わせ、同二十五日に死亡させた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報