東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

9条改憲阻止へ「オール埼玉」集会 大宮駅前に8000人

野党5党の国会議員らが集まったオール埼玉総行動=大宮駅西口で

写真

 九条改憲反対や安全保障関連法廃止を訴える市民集会「11・26 オール埼玉総行動」が二十六日夜、さいたま市の大宮駅西口で開かれ、約八千人(主催者発表)が集まった。

 小出重義実行委員長はあいさつで「日本を戦争する国にするかどうかの、かつてない重大な岐路。何としても力を合わせ、安倍政権の九条改憲を阻止しよう」と呼び掛けた。ゲストスピーカーの山口二郎法政大教授は「来年の参院選で与党の議席を半数以下に減らすことが、憲法と民主主義を守るために必要。そのためには野党と市民の共闘が必要だ」と訴えた。

 立憲民主、国民民主、共産、自由、社民各党の国会議員も登壇し、聴衆からは「共闘、共闘」の声が湧き起こった。 (井上峻輔)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報