東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

所沢市基地対策協 オスプレイ飛来中止求め、国に要望書

 所沢市民や市、市議会で構成する「所沢市基地対策協議会」の荻野敏行会長らが三十日、防衛省北関東防衛局(さいたま市)を訪れ、米空軍横田基地(東京都福生市など)所属の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの飛来中止などを求める要望書を提出した。

 要望書では、七月にオスプレイが離着陸した米軍所沢通信基地周辺は、学校や病院、集合住宅などがある人口密集地だと指摘。このような場所への飛来を避ける日米合同委員会合意事項(二〇一二年)の順守徹底や、やむを得ず飛来する場合は事前に情報提供をすることなどを求めている。

 同様の要望書は九月、横田基地滑走路の延長線上にある飯能、入間、日高の三市長連名の形で、北関東防衛局に提出されている。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報