東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

所沢の新春彩る「闘茶会」 「香り」「味」正答数競い産地当てる

産地により微妙に異なるというお茶の感触や色合いを確かめる審査員たち=所沢市で

写真

 利き酒のように、香りや味からお茶の産地を当てる「闘茶会」(所沢市茶業協会主催)が9日、狭山茶生産地の所沢市内で開かれた。

 お茶の品質鑑定技術を向上させようと、市内の生産団体などが取り組み始め、本年度が46回目。所沢の新春の風物詩としてすっかり定着している。

 今回は協会員や市、市内大学の関係者ら42人が審査員として参加。県内のほか、静岡、三重、京都、鹿児島の荒茶について、色やつやの「外観」で1回、煎じて飲んで香りや味を確かめる「内質」で3回の計4回判定し、正答数を競った。

 協会によると、荒茶は産地の気候や生産工程などにより、味の濃さや葉色などの特徴が微妙に異なるという。着物姿の審査員たちは慎重に茶の違いを見極め、記入用紙にペンを走らせていた。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報