東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

プレゼン全国大会で小中学生が成果披露 19日 羽生

昨年の第1回コンクールの様子=羽生市で

写真

 小中学生が多様な表現方法を用いてプレゼンテーションの能力を競う「全国プレゼンテーションコンクールin羽生」が十九日、羽生市産業文化ホールで開かれる。市内の小中学校全十四校のほか、全国から応募した小中学校が参加する。

 市と市教育委員会、教職員の団体「羽生市教育研究会」が主催し、二回目。「声の調子など聴き手を引き込む力があるか」「アピールする力があるか」など発表力や説得力について、大学教授ら三人が審査する。

 発表するのは、各学校を代表する個人か七人以内のグループ。時間は小・中学校ともに五分以内で、パソコンやタブレット端末、スライド、動画などを活用。ライブ中継による参加も予定している。

 入場無料。問い合わせは市教委学校教育課=電048(561)1121=へ。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報