東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<秩父点描>「鬼やらい」迫力満点 鬼23匹が節分控え猛練習

氏子らがふんし、大声を張り上げて境内を走り回る赤鬼と青鬼=秩父市で

写真

 秩父市番場町の秩父神社で三十日夜、「節分追儺(ついな)祭」(二月三日)に執り行われる鬼やらいの予行があった。氏子らがふんする赤鬼や青鬼計二十三匹が、本番さながらの迫力で境内を飛び回った。

 この日の予行では、鬼たちが「ウォー、ウォー」と叫びながら、見物客を威嚇した。しかし、かみしも姿の年男たちから豆をまかれると「かなわん、かなわん」と悲鳴を上げながら逃げ惑った。

 当日は午前から午後にかけて計六回程度、鬼やらいが執り行われる。(出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報