東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

29年ぶりの秩父場所「現役力士を間近で」 8月7日、市文化体育センター

秩父場所の開催を久喜市長(左)に伝える千田川親方=秩父市役所で

写真

 大相撲の千田川親方(元小結闘牙)は、秩父市文化体育センター(同市大野原)で八月七日に夏巡業秩父場所を開催すると発表した。十両以上の力士ら約二百八十人が参加し、大相撲の魅力を秩父から発信する。千田川親方ら実行委員会の関係者が、市役所に久喜邦康市長を訪ね、協力を依頼した。

 秩父市での巡業は一九九〇年四月以来、二十九年ぶり。十両、幕内の取組や、禁じ手を面白おかしく紹介する初っ切り、横綱の土俵入りなどを予定。小鹿野町出身の力士颯雅(そうが)(本名・今井颯真)の特別参加も見込まれている。

 千田川親方は「写真撮影やサイン会など現役力士と触れ合えるいい機会。体の大きな力士たちを間近で見てほしい」とPRした。

 チケットは六千〜一万四千円。四月十四日からチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなどで一般販売。今月二十四日午前十時〜午後三時、矢尾百貨店(秩父市上町)で先行販売する。

 問い合わせは実行委=フリーダイヤル0800(800)1000=へ(平日午前十時〜午後五時)。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報