東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

米軍基地残土搬入 ゲート工事始まる 所沢市民ら抗議

仮設ゲートの設置工事が始まった米軍所沢通信基地の前で、抗議活動をする市民ら=所沢市で

写真

 米軍横田基地(東京都福生市など)の工事残土を所沢通信基地(所沢市)へ搬入するための仮設ゲートの設置工事が十九日、所沢通信基地南西部の敷地内で始まった。

 現地には市民ら約八十人が集合。「土砂搬入反対」などと書かれたプラカードやチラシを掲げ、「汚染の可能性のある土砂を押しつけるな」「政府と防衛省は市民の声を伝えて」などと声を上げた。

 呼び掛け人を務めた「オスプレイから市民のいのちを守る所沢連絡会」の杉浦洋一さんは「市民への周知を図るため、二十三日は所沢駅東口で、二十六日には再度、基地前で抗議の声を上げます」と話した。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報