東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<統一地方選>さいたま市議選 新議員60人決まる

写真

 さいたま市議選には、七十九人が立候補。前回より二人少なかったが、全ての選挙区で選挙戦となり、少数激戦となった。投票率は前回比2・23ポイント減の38・16%だった。

 党派別で最も多い二十四人が立候補した自民は二十三人が当選。前回と同じ十一人を擁立した公明は前回に続き全員が当選した。

 同じく十一人を擁立した立民も全員当選。現職のみ三人を立てた国民も全員が当選した。共産は十一人中、七人が当選。社民党は岩槻区で新人が唯一の議席を獲得した。三人が挑んだ日本維新の会は議席を獲得できず、無所属は四人が当選。女性の当選者は十二人で選挙前の十人を上回った。

 さいたま市は人口増が続く一方で、待機児童問題などの課題も山積。各候補者は福祉や防災の充実、新しいまちづくりのあり方を巡って論戦を繰り広げたが、投票率は伸びなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報