東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<秩父点描>両神山で開山式 今季の安全祈る

登山道に整列し、今季の安全を願う関係者ら=小鹿野町で

写真

 日本百名山の一つ、両神山(りょうかみさん)(標高1723メートル)の開山式が18日、小鹿野町両神薄の登山口であった。町や県警、山岳関係者ら約30人が、登山客の安全に願いを込めた。

 関係者は両神神社で祭事を執り行った後、ハナモモや桜が咲き乱れる登山道に一堂に整列。鈴木正行宮司が大麻(おおぬさ)を振って今季の無事故を祈った。

 両神山は、のこぎりの刃のような形が特徴。古くから山岳信仰の対象としてあがめられ、武甲山、三峰山とともに「秩父三山」に数えられる。

 秩父地方はこの後、二子山で29日、武甲山で5月1日に開山式があり、山登りのハイシーズンを迎える。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報