東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「芝桜の丘」に手作りベンチ 県立秩父農工科学高生ら9台を市に寄贈

「芝桜の丘」に手作りのベンチを設置する生徒たち=秩父市で

写真

 県立秩父農工科学高校森林科学科の生徒らは、秩父市の羊山公園で見頃を迎えるシバザクラの観賞用にと、ヒノキの間伐材を利用した手作りのベンチ9台を市に贈った。憩いの場として、多くの観光客に親しまれそうだ。

 ベンチは幅185センチ、奥行き40センチの4人がけ。座面の高さは40センチで、お年寄りが利用しやすいよう低めに作っている。今春の卒業生15人が、長瀞町にある同校の演習林から間伐し、ほぼ丸1年掛けて製作した。寄贈は2007年以降、毎年続いており、延べ122台となる。

 3年生9人が「芝桜の丘」にベンチを運び込み、シバザクラと武甲山が一望できる高台に設置した。浅賀愛美(まなみ)さん(17)は「多くの人たちに大切に使ってもらえるとうれしい」と笑顔で話した。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報