東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

さいたま国際マラソン 12月8日開催 優先申し込み受け付け、市民は8日、県民は13日から

 さいたま市は、5回目となる「さいたま国際マラソン」を12月8日に開催すると発表した。実施時期とさいたまスーパーアリーナが発着点のコースは昨年と同じ。5月8日から市民優先申し込みを受け付ける。

 大会は、女子エリートと一般男女のフルマラソンが柱。女子エリートは2020年東京五輪の女子代表の最後の1枠を争う選考レースとなる。一般ランナーの定員は1万6000人。昨年新設したフルマラソン初完走を目指す女性向けの「女子ビギナーの部」は今年も設置。希望者向けの無料練習会などを企画している。

 大会サポーターは4月にプロ転向した元県職員の川内優輝さんが務める。大会前日には短い距離を楽しく走る「ファンラン」などのイベントも開かれる。

 市民優先に続き5月13日から県民優先、同20日から一般申し込みが始まる。参加料は1万5000円。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報