東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

自慢の新タマネギいかが? 19日 本庄で収穫体験と販売

本庄市のタマネギ畑(いずれも同市提供)

写真

 本庄市児玉町の市観光農業センター近くのタマネギ畑で十九日、「児玉たまねぎ収穫祭」が開かれる。新タマネギの収穫を楽しみ、格安で買い求めることができる。新タマネギをよりおいしく味わってもらおうと地元JAの女性たちが考案した炊き込みご飯やサラダのレシピも配布する。

 市によると、児玉地域の新タマネギはみずみずしくて甘いと人気。しかし、農家の高齢化が進み、重量のあるタマネギの収穫や運搬の負担が大きくなってきている。

 そこで、収穫の喜びを体験してもらい、割安の値段で直接販売するイベントを企画したという。

 市は「生産者の負担となっている収穫と運搬の作業を省き、同時に消費者に地場産野菜の魅力を知ってもらえる。生産者と消費者をつなぐ新しい方法になるのでは」と期待している。

 午前十時〜正午、参加費無料。申し込みは十五日まで。軍手やはさみなどは各自で用意を。収穫したタマネギは十キロ千円、五キロ六百円で販売する。申し込みは、市農政課=電0495(25)1177=へ。 (渡部穣)

タマネギ料理のレシピを開発したJA埼玉ひびきの女性部児玉地区のメンバー

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報