東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

ウインナー1万本 学校給食用に贈呈 日高・12校にサイボク

笹崎社長(左)からポークウインナーの目録を受け取る谷ケ崎市長=日高市のサイボクで

写真

 ブタの育種から精肉化、販売までを一貫体制で手掛けるサイボク(日高市下大谷沢)は、市内の小中学校全十二校の給食用に、自社製のポークウインナー計一万本を贈ると発表した。市によると、七月の給食で提供される。

 同社がさまざまな形で実施している地域の子どもたちへの貢献活動の一環。今回はより鮮度の高い豚肉の提供に向け、本社の隣接地に建設した新工場の完成記念を兼ねた贈呈となった。

 サイボクの笹崎静雄社長から贈答品目録を受け取った谷ケ崎照雄市長は「健康は食からという。日頃から親しんでいる地元の食材で、子どもたちが健康になればありがたい」と話した。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報