東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

改元祝う7000発に歓声 荒川河川敷で花火大会 川口

荒川河川敷で夜空を彩った花火=川口市で

写真

 川口商工会議所が主催する「川口花火大会」が十八日夜、川口市の荒川運動公園であり、約七千発の花火が夜空を彩った。

 令和への改元と市の中核市移行一周年を記念し、同商議所が六十年ぶりに荒川河川敷での花火大会を復活させた。午後六時半からスターマインや音楽に合わせた「ミュージック花火」などが続々と打ち上がり、会場を盛り上げた。

 川口伝統の「初午(はつうま)太鼓」と花火の共演もあり、迫力ある和太鼓と豪華な花火の演出に、観客から何度も歓声が上がっていた。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報