東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

ゲストの車いすユニット BEYOND GIRLS 違い楽しめる社会目指して

歌や踊り、トークを披露する(左から)梅津さん、小澤さん、中嶋さん=いずれも川口市で

写真

 「川口こどもホープ食堂」に招かれた車いすユニットの「BEYOND GIRLS」。筋ジストロフィーと診断された小澤綾子さん(36)、風邪菌で急性脊髄炎を発症した中嶋涼子さん(32)、全身性自己免疫疾患と宣告された梅津絵理さん(41)。

 3人とも中途障害者としていったんは絶望のどん底に。でも、つらく悲しい経験を乗り越えて、もっと違いを認め、楽しめる社会を目指そうと昨年2月に正式に結成した。「BEYOND」は「超える」という意味。障害にとらわれず、多彩な活動に挑戦している。

 壇上では歌や踊りに加えて、パラグライダーで空を飛ぶ小澤さん、大型バイクを走らせる中嶋さん、サーフィンをする梅津さんを撮った映像も流れた。

 トークタイムで、小澤さんは「小さい頃から人との違いに苦しんできた」と吐露。「自分のできないことばかりに目が行きがちだけれど、歌を歌う、ダンスをする、講演する、小さなできることは私にもある。それを大事にしたら、みんなと違っていいと思えるようになった」と訴え、参加者に勇気と元気を与えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報