東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

困難抱え込まない環境を 若者向け講座第2部 川口

フィールドワークでエプロンやかっぽう着をまとい、調理を手伝う高校生ら

写真

 若者向けの「子ども食堂学生ボランティアスタートアップ講座」の第二部として、川口市内で催されている子ども食堂の現場に飛び込み、手伝ったり見学したりする実践講座(フィールドワーク)が開かれた。受講生らは見聞を踏まえ、オリジナルな子ども食堂の年内の立ち上げに向けて、六月から構想を練る。(大西隆)

 フィールドワークの舞台となったのは、講座を企画した一人、不動産会社勤務の佐藤匡史(まさし)さん(46)らのボランティアグループが手掛ける「川口こどもホープ食堂」。一年余り前から毎月一回、川口中央福音自由教会(同市上青木六)を借りて昼食を提供している。未就学児は無料、十七歳まで百円、十八歳から三百円。

 この日のメニューは、おにぎり二個とウインナー炒め、ゆで枝豆。全部で五十食を用意する段取りを立てた。調理を手伝おうと、早速、エプロンや三角巾を身にまとう女子高生らも。

 「いろいろなイベントが同時に進行するけれど、時間通りに動くことが目的ではないので、焦らなくても大丈夫。とにかく笑顔を忘れないで」。佐藤さんは事前ミーティングで、初参加の受講生らの緊張を解きほぐすように呼び掛けた。

 最も気を配るのは、やはり食中毒の防止。ボランティアの調理担当リーダー高尾千愛(ちあき)さん(30)が衛生対策の十カ条を読み上げる。

 「三七度以上の体温がある方、体調がすぐれない方は参加しない」「手洗いは作業の都度に頻繁に。手のひらと甲、爪の間を念入りに」…。注意を喚起して仕事に取り掛かった。

 この食堂の特色は「大人の背中シリーズ」と称するイベント。多様な分野のプロに登場を依頼し、子どもらが夢や希望を膨らませるきっかけをつくる。地域に開かれたイベントは、家庭の貧富を問わず参加しやすい雰囲気の創出にもつながっているという。

 この日に招いたのは、車いすを利用する女性三人のユニット「BEYOND(ビヨンド) GIRLS(ガールズ)」。障害者のイメージをひっくり返そうと、歌や踊り、スポーツなどに体当たりで挑戦、共感を呼んでいる。食堂利用の家族連れやボランティアら約五十人が一緒になって楽しみ、昼食をほおばった。

 「地域内でつながり合えば、見捨てられる子どもはいなくなるのでは」。日本の子どもの貧困問題を研究中で、フィールドワークに参加した中等教育学校四年の中村日菜子さん(16)はそう語る。「子どもが一人で困難を抱え込まない環境づくりが大切と思う」

 人間福祉を学ぶ大学二年の岡田優里さん(19)は「子どもだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんを交えた多世代コミュニケーションの場になっていると初めて知った」と話す。銅版画家とも出会い、作品をあしらった絵はがきをもらった。「珍しい職業の人と触れ合えたのも新鮮だった」と述べ、子どもの居場所づくりへの意欲を見せた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報