東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

禁じ手も面白おかしく紹介 7日、大相撲秩父場所

秩父場所をPRする雷親方(右から2人目)ら=秩父市役所で

写真

 七日に秩父市文化体育センター(同市大野原)で開かれる夏巡業大相撲秩父場所をPRしようと、日本相撲協会の雷(いかずち)親方(元小結垣添)らが、市役所を訪れた。同市での開催は二十九年ぶりで、久喜邦康市長は市として最大限協力する意向を示した。

 秩父場所には、横綱の白鵬関や鶴竜関ら約百六十人の力士と、相撲協会関係者ら約九十人が参加する。相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する「初っ切り」や、数人の力士が輪になって歌う「相撲甚句」、幕内・横綱の土俵入りや取組などが予定されている。

 雷親方は「巡業は本場所とは違うイベントが盛りだくさん。有望な若手もいるので、多くの人にぜひ見に来てほしい」とPRした。

 現在残っているチケットは二階S席(八千円)と二階A席(六千円)のみ。問い合わせは秩父場所実行委員会事務局(平日の午前十時〜午後五時)=電0800(800)1000=へ。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報