東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

野良猫の殺処分を減らせ 越谷の獣医師、不妊手術に全力

猫の不妊手術をする「いながき動物病院」の獣医師稲垣将治さん=いずれも5月、越谷市で

写真

 むやみな繁殖を防ぎ殺処分数を減らすため、野良猫の不妊去勢手術を主に手掛ける動物病院が越谷市にある。昨年の手術は約五千件に上り、院長の獣医師稲垣将治さん(35)は「手術するだけで多くの問題を解決できる」と訴えている。

 五月下旬、同市の「いながき動物病院」。猫の入ったケージ約三十個が並ぶ中、稲垣さんと妻桃子さん(33)ら獣医師四人が手際よく手術をこなしていた。二〇一四年の開業以来増え続け、今年は六千件に達する勢いだ。稲垣さんは「猫ブームの負の側面だ」と話す。

 野良猫は繁殖力が高く多くの子を産み、鳴き声やふん尿はトラブルの元になる。環境省によると、一七年度に殺処分された猫約三万五千匹の約六割が子猫だ。そのため、野良猫に不妊去勢手術をした上で外に放し、地域ぐるみで世話をする「地域猫活動」が盛んになっている。

 同病院で手術する猫も、この活動の一環でボランティアが持ち込むことが多い。手術費は持ち込んだ人が負担するため、相場の半分以下の約四千〜五千円に抑えた。福島と茨城、千葉に分院があり、出張手術にあたるほか、担い手を増やすため獣医師の研修も受け入れる。飼い猫が繁殖しすぎて世話ができなくなった家を訪れ、手術することもある。

 手術後の猫は、その証しに耳先をV字に切られた上で元の場所に帰される。一方、けがなどをした猫を自分で保護するボランティアも多く、稲垣さんらは五月、保護猫の飼い主を探す場として、越谷市に「保護猫カフェさくら」を開いた。

 殺処分される猫を減らすため「猫はかわいいが、不妊去勢手術をしないまま餌を与えれば爆発的に増えてしまうと知ってほしい」と話す稲垣さん。病院やカフェで積極的に情報発信していくつもりだ。

「保護猫カフェさくら」の猫

写真

越谷市にオープンした「保護猫カフェさくら」の稲垣桃子さんと猫

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報