東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

知事選 あす投開票 大野さん、青島さん激戦

 知事選は二十五日、投開票される。いずれも無所属新人で、上田清司知事や野党四党が支援する元参院議員の大野元裕さん(55)と、スポーツライター青島健太さん(61)=自民、公明推薦=による事実上の一騎打ち。与野党対決の側面が強まる激戦の中、両候補は最後まで懸命の訴えを続けている。過去三回連続で20%台に低迷している投票率の行方も注目される。 (井上峻輔)

 四期目の上田知事は出馬せず、十六年ぶりの新人同士の争い。無所属の元高校教諭武田信弘さん(65)、NHKから国民を守る党の医師浜田聡さん(42)、無所属の元会社員桜井志津江さん(63)も立候補している。

 当初は大野さん、青島さんに元参院議員の行田邦子さん(53)を加えた三つどもえの争いとみられたが、告示直前に行田さんが体調を崩したとして不出馬に。共産の独自候補擁立見送りもあり、非自民の候補が事実上、大野さんに一本化されたことで与野党対決の側面が強まり、激戦となった。

 大野さんは、上田知事の全面支援を受け「上田県政の継承と発展」を掲げる。立憲民主、国民民主、社民の各県組織が支持し、共産も自主的に支援。地元・川口の商工会議所など自民支持層の一部も後押しする。

 主要駅に一日中、立ち続けて浸透を図る選挙戦を続け、立民の枝野幸男、国民の玉木雄一郎の両代表ら県内外の野党国会議員も次々に来援した。政策通をアピールし、政治経験のない青島さんを念頭に「知事に必要なのは政策か?知名度か?」と問い掛けている。

 元プロ野球選手の青島さんは、高い知名度と自公の組織力を生かした戦い。「輝く埼玉ブランドのセールスマンに」と掲げ、県内全域を駆け回りながらインフラ整備や健康づくりなどの主要政策を訴える。

 党を挙げて支援する自民は、菅義偉官房長官ら党幹部や閣僚を連日のように投入。自民に近い近隣県の知事も応援に入った。上田県政の十六年を「国との連携が十分ではなく停滞していた」と批判し、「国とのパイプ」を持つ知事の必要性を強調している。

 知事選は低投票率が続き、上田知事が再選を果たした二〇〇七年の選挙からは三回連続で20%台だった。一一年には全国の知事選で歴代最低の24・89%を記録。前回の一五年も26・63%だった。今回は上田知事が圧勝した過去三回と違い接戦が予想され、投票率も勝敗の鍵を握りそうだ。

(届け出順)

大野元裕(おおのもとひろ) 55 無新 

  (元)参院議員・防衛政務官・中東調査会上席研究員▽慶大       

武田信弘(たけだのぶひろ) 65 無新 

  (元)高校教諭・会社員▽国際基督教大                

浜田聡(はまださとし) 42 N新 

  放射線科医・川崎医科大総合医療センター非常勤医師▽京大     

桜井志津江(さくらいしずえ) 63 無新 

  (元)会社員▽駒沢女子短大                     

青島健太(あおしまけんた) 61 無新 

  スポーツライター(元)プロ野球選手▽慶大              

 自公

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報