東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<各駅停車>地産サトイモで一杯

 県南西部のうち狭山市や所沢市は、全国有数のサトイモ産地として知られる。取材を通じてそのおいしさを知り、一番小さくて安価なサイズを直売店で購入して晩酌のお供にする機会を増やした。

 塩を振った湯に丸ごと放り込んでゆでた後、指で押すとつるんと皮をむける。電子レンジを活用してもよい。皮をむく手間が省けて、懐に優しくカロリーも控えめ。良いことずくめではないかと考えている。

 レシピは、知り合いの生産農家の男性から教わった。男性は「特有のねっとりとした食感を気軽に味わえる。サトイモを口にすることの少ない若い人たちにこそ、試してほしい」と力を込める。

 PRポイントの多いサトイモだが、産地の重なる狭山茶と比べると、知名度は高くないように感じる。多角的な取材をし、地産サトイモの魅力や、他にはない生産農家の創意工夫を伝えていければと思う。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報