東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<秩父点描>「ちちぶ山ルビー」知事賞に内田さん 地域限定生産ブドウ品評会

ブドウの房の出来栄えを慎重に確かめる審査員=秩父市で

写真

 秩父地域だけで生産しているブドウ「ちちぶ山ルビー」の品評会が、秩父市日野田町の県秩父農林振興センターで開かれた。最も優れた県知事賞には内田善之さん(秩父市)のブドウが選ばれた。

 品評会は、生産技術の水準を高め、観光ブドウの発展につなげようと、生産者でつくる「秩父ぶどう組合連絡協議会」が毎年この時期に開き、今年で4回目。

 今回は秩父市、横瀬、長瀞、皆野町の農家17軒が1品ずつ出品。県の担当者が房を手に取ったり、実を口に含んだりしながら、出来栄えを確かめていた。

 県農業技術研究センターの遠藤紀浩部長は「夏に天候不順が続いたが、食感のいい房ができた。今後は天候も回復し、糖度がさらに上がるだろう」と講評した。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報