東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

知事選 大野さん激戦制す 投票率32・31% 16年ぶり30%超え

花束を受け取り、笑顔を見せる大野元裕さん=さいたま市で

写真

 二十五日に投開票された知事選は、上田清司知事や野党四党が支援した元参院議員の大野元裕さん(55)が、自民と公明が推薦したスポーツライターの青島健太さん(61)との事実上の一騎打ちを制した。四期務めた上田知事の不出馬で十六年ぶりの新人同士の対決となり、「上田県政の継承か転換か」が大きな争点になったが、有権者は継承を選んだ形だ。「与野党対決」の構図では自公に打撃となった。過去三回連続で20%台だった投票率は32・31%で、十六年ぶりに30%を超えた。(知事選取材班)

 午後十時十分ごろ、待ち望んだ当選確実の一報が届くと、さいたま市内の大野さんの事務所に歓声が湧き起こった。大野さんは真っ黒に日焼けした顔で「懸命に訴えたことが通じたことが勝因だと思う。県民にとって素晴らしい未来の幕開けと言えるように粉骨砕身で頑張る」と喜んだ。

 選挙戦では「上田県政の継承と発展」を訴え続けた。「応援団長」に就任した上田知事の全面的な支援を受け、立憲民主、国民民主、社民の各県組織も支持。独自候補の擁立を見送った共産も自主支援し、事実上の野党統一候補となった。

 一方で、地元の川口市では商工会議所の推薦を受けるなど自民支持層も取り込んだ。陣営は保守票を意識し、「無所属県民党」を掲げて政党色を控えた選挙戦を展開した。

 当初は厳しい戦いとみられたが、告示直前に元参院議員の行田邦子さん(53)が出馬を取りやめると状況は一変。非自民の主要候補が一本化されたことで一気に追い上げた。主要駅前に終日立ち続ける戦法で集中的に知名度向上を狙い、出産後の女性の就業支援や災害・テロ対策、東京都内とのアクセス向上などの公約を訴えて支持を広げた。

 中東の研究者や参院議員を経験してきた「政策通」をアピールし、政治経験のない青島さんとの差別化も図った。選挙戦の中盤以降は立民の枝野幸男、国民の玉木雄一郎の両代表が繰り返し応援に入って政党支持票を固めるなどして、激戦を制した。

◆開票結果

当908,068 大野元裕 無 新<1>

 847,856 青島健太 無 新 

  61,999 浜田聡 N 新 

  39,844 武田信弘 無 新 

  33,607 桜井志津江 無 新 

  開票97%

◆「ひとえに私の力不足」 自公推薦の青島さん

支援者に感謝を述べる青島健太さん=さいたま市で

写真

  落選確実が伝わると、さいたま市内の青島さんの事務所はため息に包まれた。青島さんは「投票してくれた方々、サポートしてくれた方々、全ての方々の期待にお応えできず、申し訳ない。ひとえに私の力不足」と頭を下げた。

 上田知事と対立してきた自民県連に擁立される形で出馬。元プロ野球選手で政治経験はなかったが、小学校から大学まで野球部主将を務めたリーダーシップを武器に「輝く埼玉のストーリーを描く」と掲げた。

 自公の組織力と高い知名度を生かした選挙戦を展開。16年ぶりの県政奪還を目指す自民は党を挙げて支援し、党幹部や閣僚らが連日のように応援に入った。

 街頭演説では、子どもの教育支援やインフラ整備、健康づくりなどを主張。自公は上田県政を「国との連携がなかった」と批判し、与党系の知事誕生を訴え続けたが、及ばなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報