東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

自民党県連・新会長に柴山氏

 自民党埼玉県連は十六日、さいたま市内で臨時大会を開き、新会長に柴山昌彦衆院議員を選出した。

 八月三十日の役員会で新藤義孝前会長から辞任の申し出があり、大会に先立ち開かれた推薦委員会で柴山氏が推薦された。

 柴山新会長は十月十日の告示まで一カ月を切った参院埼玉選挙区補欠選挙への候補擁立について、「党本部と調整、相談をして方針を決めていきたい」と述べるにとどめた。同補欠選挙には、上田清司前知事が出馬の意向を固めている。

 二〇〇九年に就任した新藤前会長は「かねて後進に道を譲りたい思いがあった。その中で、一つの区切りをしてもよい機会だった」と辞任の理由を述べた。先の知事選で自身が強く推した県連推薦候補が敗れ、県連内から責任を問う声があった。 (飯田樹与)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報