東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

ちちぶエフエム 7日開局 毎日午前7時〜午後9時 地域情報発信

試験放送をするちちぶエフエムのスタッフら=秩父市で

写真

 秩父地域のコミュニティーFM放送局「ちちぶエフエム」が七日、開局する。毎日午前七時〜午後九時に祭りやイベント、交通渋滞など地域の情報を生放送で発信する。台風や地震などの自然災害の際は通常の放送時間外でも放送するといい、地域の役立つステーションを目指す。

 周波数は七九・〇メガヘルツで出力は二〇ワット。スタジオは秩父市中町に新設した。同市山田の電波塔から発信し、同市の大部分と横瀬、小鹿野、皆野、長瀞町の一部を可聴エリアとする。

 社長の磯田恵美さん(34)のほか、主婦やミュージシャン、シンガー・ソングライターら十一人がパーソナリティーを担当。秩父ミューズパークのイベントや買い物情報などで地域を盛り上げる。

 開局は七日午後一時で、現在は試験放送中。通常のラジオ受信機のほか、インターネットのアプリ「FMプラプラ」でも聴けるという。

 磯田さんは「ようやくスタート地点に立てた。秩父地域に住んでいる人に役立つラジオ局にしたい」と意気込んでいる。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報