東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

台風19号 暮らし直撃 県内初の「大雨特別警報」

一帯が冠水し、1階部分が水に漬かった住宅=川越市で

写真

 河川の氾濫や家屋の浸水、土砂崩れ、断水、停電−。記録的な豪雨をもたらした台風19号は、県内にも大きな爪痕を残した。大雨特別警報が県内で初めて発令され、厳重な警戒が呼び掛けられたが、人々の暮らしは深刻なダメージを被った。 (台風被害取材班)

 県消防防災課の十三日午後四時現在のまとめでは、県内では男女二人が死亡、十七人がけがをした。死亡したのは、鳩山町で十二日午後七時四十五分ごろ、水が引いた橋の上で倒れていた女性(69)と、東松山市で十三日午前八時五十分ごろ、水没した車の運転席で見つかった男性(70)。

 川越市では十三日未明、越辺(おっぺ)川の右岸が六十〜七十メートルにわたって決壊し、同市下小坂の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」の入居者約百二十人が一時孤立するなど大きな水害があった。都幾川(東松山市)や九十九(つくも)川(同)、新江川(しんえがわ)(同)の三河川も決壊し、水があふれた場所もあった。

 川越市二百一件、東松山市二百四十件などで床上浸水し、床下浸水も川越市三百四件、越谷市百件などで発生。計千二十二件の住宅が被害を受けた。四十九世帯が住む県営東坂戸団地(坂戸市)の一階部分も浸水した。

 十二日昼すぎから十三日未明にかけ、二十九市町で避難指示(緊急)が発令。県消防防災課によると、ピーク時には全六十三市町村に計千七十六の避難所が開設され、三万百四十七人(十三日午前八時時点)が避難。市町村別の避難者数では、全域で避難勧告が出された久喜市の八千九百七十九人(同六時)が最多だった。

 停電(同八時)は東松山市の千五百軒が最多で、さいたま市西区、越生町など七市町で計二千六百軒発生した。断水は日高市やときがわ町など五市町村。秩父市では県の災害派遣要請を受けた自衛隊が給水を支援した。

 土砂崩れや冠水により、通行止めとなった道路もあった。

◆川越で避難の住民「情報が分からず これからが心配」 

中学校に開設された避難所に身を寄せた施設の入所者=川越市立名細中学校で

写真

 浸水被害が大きかった川越市では、多くの住民が消防のボートで救助された。

 一帯が水没した下小坂地区の男性(30)は「家の前の堤防は大丈夫だったので、安心していた。午前一時ごろだったと思うが、下流の堤防が決壊して、あっという間に二階近くまで浸水した。浸水はこれまでもあったが、ここまでひどいのは初めて」と声を落とした。

 市立名細(なぐわ)中学校に開設された避難所には、約七十人が身を寄せた。同市の社会福祉法人「けやきの郷(さと)」が運営する障害者支援施設「初雁(はつかり)の家」の入所者ら約四十人も避難。職員の水野努さん(45)は「急な環境の変化への対応が難しく、一層の細かいケアが求められる」と話した。

 下小坂の有馬峰子さん(77)は夫の四郎さん(78)と避難。一戸建ての一階が有馬さんの腰の高さまで漬かったといい「情報が分からず、これからが本当に心配」と不安を口にした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報