東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

台風19号 浸水被害の3市 大野知事が視察

被災した施設の状況を聞く大野知事(右端)=川越市下小坂の川越キングス・ガーデンで

写真

 大野元裕知事は、被害状況を把握するため、大規模な浸水被害を受けた東松山、坂戸、川越市の被災現場を視察し、三市長と意見交換した。

 川越市では、利用者ら計約二百人が一時、浸水で孤立した特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」と系列のケアハウス「主(しゅ)の園(その)」を訪問。職員やボランティアが、泥がこびり付いた廊下を掃除したり、備品を外に運んだりする中、渡辺圭司施設長から被害状況などを聞いた。

 東松山市内で堤防が決壊した新江(しんえ)川、一階部分が浸水して一時断水もした県営東坂戸団地(坂戸市)も回った。

 視察後、今後の対策について「国・県・市をどうつなげていくのかが短期的には一番大きな仕事。中長期的には、未曽有の災害が常態化するという最悪の想定に対応すべく今回の案件を見直し、市と協力しながらより良い体制をつくりたい」と力を込めた。

 十七日には、落石防止用のロックシェッドが崩落した県道など、秩父市内を視察する予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報