東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<各駅停車>台風とラグビー

 大災害をもたらした台風19号。ラグビーワールドカップ(W杯)で、その対応を巡ってグループリーグ最終戦で対戦した日本とスコットランドの明暗が分かれた。

 影響で試合開催が危ぶまれていた時、スコットランド協会最高責任者が「中止は許さない」との発言で世界の批判を浴びた。被災を心配する住民感情に言及せず、「逃げ得は許さない」との姿勢に終始したからだ。「ノーサイドの精神とはその程度か」と失望させられた。試合が行われ、勝利した日本の選手たちが一様にお見舞いを述べたのとは対照的だった。

 試合は熊谷市の熊谷ラグビー場でもパブリックビューイング(PV)が行われ、一万一千人超が詰め掛け、そこで試合が行われているかのような熱気だった。試合後、警備中の警察官と市民がハイタッチを交わす姿も散見された。

 「被災者に勇気を」と、スローガンの「ワン・チーム」が浸透した感がある日本。きょうの決勝トーナメント初戦でどんな試合を見せてくれるのか楽しみだ。 (渡部穣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報