東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

床上浸水の被害137件 川越市が義援金募る 復旧支援

 台風19号の大雨による洪水で床上浸水百三十七件(二十二日現在)の被害が出た川越市は、被災者の復旧支援のための義援金を募集している。

 市によると、十九、二十両日の川越まつりで置いた募金箱には約八万五千円が集まり、二十一日午後一時までに約六十八万円の寄付の申し込みがあった。

 市は本庁舎一階の福祉推進課や各市民センター、市社会福祉協議会などに募金箱を設置。埼玉りそな銀行川越支店に口座「川越市義援金台風第19号」(普通4530729)を設けたほか、市福祉推進課「川越市義援金」宛ての現金書留でも義援金を受け付ける。

 県をはじめ、川越や東松山、坂戸、毛呂山、小川、越生、東秩父の被災市町村は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の災害支援特設サイトも活用し、寄付を受け付けている。 (中里宏)

◆主な支援情報

◇川越市=電049(224)8811

<入浴> なぐわし公園ピコア(水曜休館)

<災害ごみ> 資源化センター、東清掃センター

<ボランティア> 市内在住・在勤・在学者から募集。電080(3099)4181。

◇東松山市=電0493(23)2221

<物資の配布> 市役所、松山・唐子・高坂の各市民活動センター、野本コミュニティーセンター(ブルーシート1人2枚、土のう袋1世帯20枚)

<入浴> 市民福祉センター、市民健康増進センター

<災害ごみ> 西本宿不燃物等埋立地

<ボランティア> 市内外から募集。市社会福祉協議会のHPで確認を。

◇坂戸市=電049(283)1331

<入浴> 老人福祉センターことぶき荘、天然温泉ふるさとの湯

<災害ごみ> 石井水処理センター、旧北坂戸小学校

<ボランティア> 市内在住・在勤・在学の大学生以上から募集。電049(283)1597。

◇さいたま市=電048(829)1111

<災害ごみ> 環境センター

◇上尾市=電048(775)5111

<入浴> 健康プラザわくわくランド(水曜定休)

<ボランティア> 市内、近隣市町の在住・在勤者から募集。電048(773)7155。

◇秩父市=電0494(22)2211

<入浴> 高篠福祉交流センター、影森福祉交流センター

<災害ごみ> 秩父クリーンセンター、秩父環境衛生センター(いずれも土日祝日を除く)

※22日現在。変更の可能性があるので詳細は各市のHPなどで確認を

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報