東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

台風19号被災地 官房長官が視察 首長らと意見交換

決壊した堤防の復旧作業の状況を聞く菅官房長官(左)=東松山市で

写真

 甚大な被害をもたらした台風19号の被災地を視察するため、菅義偉官房長官が二十六日に県内入りし、浸水被害の大きい坂戸、川越、東松山各市の被災現場を訪れた。

 東松山市の都幾川の決壊現場では、国土交通省関東地方整備局の職員から被災時の浸水状況や復旧対応などを聞いた。その後、多くの家屋が浸水して一人が犠牲になった早俣地区を訪問。市民文化センターでは同市など十市町の首長や住民らと意見交換した。

 同地区住民を代表してあいさつした山崎茂一さんは「一日でも早く復興できるようお願いします」と涙ながらに訴えた。

 利用者ら計約二百人が一時孤立した川越市の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」や、坂戸市の越辺川の決壊現場も見て回った。

 菅長官は視察後、報道陣に「厳しさを痛切に感じた。国として復興復旧に責任を持って取り組むとともに、しっかりと対応したい」と述べた。(飯田樹与)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報