東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<桶川ストーカー事件20年> (下)娘の汚名消し続ける

猪野詩織さんの遺影を胸に記者会見する母の京子さん(左)と父の憲一さん=2005年1月、東京・霞が関の司法記者クラブで

写真

 桶川ストーカー殺人事件では報道が過熱し、殺害された猪野詩織さん=当時(21)=の両親と二人の弟は自宅を囲む報道陣と、被害者に落ち度があるかのような誤報に苦しんだ。「娘の汚名は親の私たちにしか消せない」。遺族は好奇の目にさらされた悔しさをかみしめ、闘い続けている。

 事件から約三カ月間、自宅前には報道陣が群がり、遺族は人の波をかき分けて家を出入りした。葬儀場に向かう際、詩織さんのひつぎを載せた車を報道陣が追い掛けてきた。母の京子さん(69)に「マスコミがストーカーになった」と言わしめる激しい取材だった。

インタビューに答える日本テレビ特別解説委員の清水潔さん

写真

 事件はセンセーショナルに取り上げられた。県警は記者会見で詩織さんの時計やバッグのメーカーまで公表し、一部メディアは「ブランド依存症」「風俗嬢」と臆測を書き立てた。

 「実行犯が逮捕されると、遺族は菓子折りを持って上尾署にお礼に訪れた」とする全国紙の虚報もあった。捜査を怠った警察に謝礼などあり得ない。父の憲一さん(69)が抗議すると「警察が言っている」と反論された。家族に確かめれば分かるはずだが、記者が押し寄せる状況で遺族が対応するのは困難だった。

 写真週刊誌「FOCUS」記者として、いち早く上尾署の捜査怠慢を報じた日本テレビ特別解説委員の清水潔さん(61)は「当局は都合の良い情報しか言わない。警察取材に頼る危険性を示した事件だ」と振り返る。

 清水さんは先んじて憲一さんにも取材した。「憲一さんは信頼できる人には話す姿勢だった。真実を知るため、遺族に接触を試みる必要はあるが、方法が問われている。メディアスクラムは論外だ」と指摘する。

 今も大きな事件や事故が起きると記者が関係先へ殺到する。代表社が取材し、各社で情報を共有する場合もあるが、あくまでも例外的だ。清水さんは、社会のマスコミ不信は根深いとし「特効薬はない。なぜ取材が必要かを記者が考え、遺族に手紙などで丁寧に説明するしかない」と訴えた。

 事件から二十年。いまだに自宅前には、やじ馬とみられる車が止まる。詩織さんに悪い印象を持ったままの人に出会うこともある。遺族は数え切れないほどの悔しさを乗り越えてきた。憲一さんは言う。「私たちは詩織に生かされている。何があろうと闘っていきます」

<メディアスクラム> 社会的関心の高い事件や事故の際、関係者の元に報道陣が殺到し、日常生活を脅かす取材。日本新聞協会や日本民間放送連盟は2001年、当事者を強引に包囲する取材をしないといった順守事項をまとめた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報