東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

韮沢選手「プロの実感湧いた」 ドラフト指名の広島があいさつ

尾形スカウト(右)から帽子をかぶせてもらう韮沢選手(中)=加須市の花咲徳栄高校で

写真

 プロ野球の広島東洋カープからドラフト四位で指名を受けた花咲徳栄高校(加須市)の韮沢(にらさわ)雄也内野手が三十一日、同校で広島の尾形佳紀スカウトらから指名のあいさつを受けた。

 韮沢選手は学校関係者とともに校長室でチームの説明を受け、その後、報道陣の取材に応じた。

 「あいさつをいただき、プロに入る実感が湧いてきた。少しでもチームの勝利に貢献できるよう頑張りたい」と韮沢選手。尾形スカウトは「バットコントロールがうまく、守備は堅実。まだ高校生なので三、四年後までに一軍でレギュラーをとってくれたら」と期待した。 (寺本康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報