東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

珍しい車両ずらり 三峰口駅周辺で秩父鉄道フェスタ

写真

 秩父鉄道の創立百二十周年を記念したイベント「ちちてつサンクスフェスタ2019」が二日、秩父市の秩父線三峰口駅周辺であった=写真。珍しい鉄道車両を一目見ようと、大勢のファンや親子連れが訪れた。

 会場には、沿線の草花を全面にあしらったラッピング電車「彩色兼備」や、架線に電気が通っていなくても保守作業ができる「モーターカー」など珍しい車両がずらり。鉄道グッズの販売もあり、ファンを喜ばせていた。

 東京都大田区の派遣社員大内貴道さん(25)は「秩父鉄道は自然を一望でき、都心の鉄道とは違った雰囲気がある。お土産用に限定品の缶バッジを買いました」と満足そうに話した。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報