東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

市有地に水素ステーション 所沢 事業者貸与方式は県内初

燃料電池車に水素を充填するステーション職員=所沢市で

写真

 所沢市松郷に、燃料電池車に燃料となる水素を供給する水素ステーションがオープンした。産業・医療用などのガスを製造・供給する「日本エア・リキード」(東京都港区)が、老人ホーム跡の市有地約2000平方メートルを賃借して開設。市によると、県内の水素ステーションはトレーラーなどによる移動式を含めて9カ所目で、市有地を事業者に貸与する方式は初めてという。

 国道463号と県道が交わる交差点付近で、関越道所沢インターチェンジも近い。環境負荷の少ない燃料電池車の充填(じゅうてん)場所設置を民間事業者にPRしていた市と、良好な立地での開設を目指す同社の方針が一致した。賃借料は基準地価に基づき年額約450万円。

 営業時間は午前11時半〜午後7時で、定休日は木、金曜。フル充填にかかる時間は2〜3分で、ガソリン給油の場合と遜色ないという。問い合わせは同ステーション=電04(2968)8019=へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報