東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

草加にちらほら…なぜ「せん遍以(べい)」 八潮の昼間さん、方言漢字を探る

「草加せん遍以」の看板を掲げるせんべい店

写真

 言わずと知れた草加市の名物「草加せんべい」。製造・販売する市内の店舗を巡ると「せん遍以(べい)」と表現した看板や商品がちらほら。なぜ「煎餅」ではなく、この漢字を使うのか。疑問に思った独協大職員の昼間良次さん(45)=八潮市=は、その土地だけで知られる「方言漢字」とみて、謎を探っている。 (近藤統義)

 東武線草加駅に近い県道交差点の角にある、老舗せんべい店「志免(しめ)屋」。看板には「草加せん遍以」の文字が見える。信号待ちをしていた昼間さんが、ハッと気付いたのは一年前のことだ。「『遍以』はこれだけでは読めない。草加特有の表現なのではないか」

 地名と街づくりを考える市民グループ「八潮の地名から学ぶ会」の事務局長として、さまざまな方言漢字を調べてきた昼間さん。早速、市内の約五十店を訪ね歩いて商品の包装紙やシールを集め、店主らに「せん遍以」と表記する理由を尋ねた。

 ただ、その答えは「考えたことがない」「昔から使っているから」がほとんど。残念ながら核心には迫れなかったが、同じ店でも商品によって使わなかったり、値段が高い商品に使ったりする傾向があることが分かってきた。

 店主の中には「固焼きの特徴がイメージとして伝わるよう、平仮名ではなく漢字なのでは」と推測する人も。独協大の中国人教員に相談すると、「遍」には広がるとの意味があり、商売の験担ぎだとする解釈も飛び出した。

 その上で昼間さんは、変わった漢字を使うことで本場感や元祖感を出す▽他の店との差異を強調する▽高級感やお薦め商品としてアピールする−などの仮説を立てた。東北の南部せんべいや名古屋のえびせんべいなど、県外でも使用例がないか調査を進めている。

 これらの調査結果は、十七日に八潮市の八潮メセナ・アネックスで開かれる「方言漢字サミット」(入場無料)で報告する。昼間さんは「文字という表層から遡(さかのぼ)り、背景にある人の営みや文化、歴史を感じてほしい」と話している。

各店舗の包装紙などを集めて謎を調べる昼間さん=いずれも草加市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報