東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

越辺川など堤防決壊原因 「越水」とほぼ断定

越辺川、都幾川の堤防決壊の原因を「越水」とほぼ断定した堤防調査委員会=さいたま市で

写真

 台風19号による堤防決壊の原因などを調査する国土交通省関東地方整備局の「荒川水系越辺川・都幾川堤防調査委員会」(委員長・安田進東京電機大学名誉教授)の第二回委員会が十七日、さいたま市内で開かれた。

 委員会は、東松山市から川越市にかけての都幾川と越辺川の三カ所の決壊原因について、いずれも大雨による増水で堤防を乗り越えた水によって堤防が崩される「越水破壊」によるものとほぼ断定。次回の委員会で地盤などを考慮した本復旧の工法を検討することになった。

 委員会によると、決壊当時の水位は、いずれも堤防の高さを上回っていたことが分かった。一方で、別の破壊原因になりうる水の堤防への浸透や、堤防の内側が浸食された形跡は認められなかったという。

 委員会終了後、安田委員長は「降雨量が多く、越流があちこちで起きて被害を起こした」と話した。同局河川部は、年内にも委員会の結論をまとめたい考えを明らかにした。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報