東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「さみっと」10年 集大成に 23、24日、羽生にゆるキャラ310体

「世界キャラクターさみっとin羽生」への来場を呼び掛ける長岩さん=羽生市で

写真

 国内外からゆるキャラ約310体が集まるイベント「世界キャラクターさみっとin羽生」が23、24の両日、羽生市三田ケ谷の羽生水郷公園で開かれる。10回目を迎える今年の実行委員長は、高校生の時からイベントに携わってきた行田市の会社員長岩大地さん(22)。歴代最年少での大役を任され、「今回は10年の集大成。みなさんに楽しんでほしい」と意気込んでいる。 (寺本康弘)

 イベントは羽生市が事務局を務め、市民らのボランティアでつくる実行委員が企画や運営をしている。

 長岩さんが関わるようになったのは、羽生実業高校二年の時だ。所属クラブの担当教諭に誘われた。スムーズに動きにくいキャラクターの誘導やサポートを担当。多くの来場者がゆるキャラと触れ合い、笑顔に変わる瞬間に感動した。小さい子どもから大人まで、笑顔に出会えることがうれしかったという。

 翌年以降も活動に参加した。高校を卒業して社会人一年目の忙しさの中、企画をやり抜いた。昨年は副委員長を務め、今年、周囲から経験や若さ、さわやかさなどを買われて委員長に推された。

 市内の店舗にポスターを配布に行くと既に張ってあったり、県外の自治体にあいさつに行くと既に自分の名前が知られていたり、イベントを支える人の多さを改めて実感した。「当日のあいさつを考えると今から寝付けません」と緊張する半面、来場者に「一つでも多く楽しい思い出を持ち帰ってもらいたい。元気を届けたい」と意欲を見せる。

 イベントは両日とも午前九時〜午後三時。さまざまなキャラクターステージが繰り広げられるほか、約五十の飲食ブースが出店。車の展示もあり、装飾トラック「デコトラ」は二十三日、クラシックカーは二十四日。当日は東武鉄道・秩父鉄道「羽生駅」からシャトルバス(有料)が出る。

 問い合わせは、羽生市キャラクター推進室=電048(560)3119=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報