東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

W杯代表と交流や強化試合 ラグビーTLパナ ファン感謝イベント

 群馬県太田市から熊谷市への本拠地移転を表明しているラグビー・トップリーグ(TL)のパナソニックワイルドナイツが、12月28日、同市の熊谷スポーツ文化公園で、ファン感謝イベントを開く。他チームとの強化試合や、選手との交流会などの予定。日本代表の初の8強入りなどで盛り上がったワールドカップ(W杯)の熱気を年明けに開幕するTLにつなげる絶好の機会となりそうだ。

 ワイルドナイツには、堀江翔太、福岡堅樹、稲垣啓太各選手らW杯で活躍した日本代表や、優勝した南アフリカ代表のダミアン・デアレンデ選手らが在籍し、イベントにはそのほとんどが参加予定という。「ラグビータウン」を目指す熊谷市は「ファンに選手と触れ合ってもらい、ラグビーをより身近に感じてもらえるまたとない機会」と歓迎している。

 イベントは「Wild Knights Fan Festival」と題して、午前10時〜午後4時で、入場料2000円(小学生以下無料)。強化試合の対戦相手はNECグリーンロケッツで、W杯が行われた熊谷ラグビー場Aグラウンドに隣接するBグラウンドで午前11時半キックオフの予定。雨天決行。チケット無しでも参加できるイベントも計画している。イベントの内容やチケットの入手方法は、ワイルドナイツのホームページで確認できる。

 TLは例年8月開幕だが、W杯の影響で来季は来年1月12日に開幕する。熊谷ラグビー場では計12試合が行われ、うち7試合がワイルドナイツのホームゲームとなる予定。 (渡部穣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報