東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

ゆるキャラ310体と触れ合う「さみっと」 羽生できょうまで

10回連続参加で感謝状を受け取った「ひこにゃん」(中央)ら=羽生市の羽生水郷公園で

写真

 国内外のゆるキャラ約三百十体と触れ合える「世界キャラクターさみっとin羽生」(実行委員会と羽生市の主催)が二十三日、二日間の日程で羽生市三田ケ谷の羽生水郷公園で始まった。

 今年は十回目となるため、初回から連続で参加しているキャラ二十一体に感謝状を贈った。このうちオープニングでは「ひこにゃん」(滋賀県彦根市)と唐ワンくん(佐賀県唐津市)、つゆヤキソバン(青森県黒石市)が登場して感謝状を受け取った。

 冷たい雨が降ったものの、多くのファンが集まり、各地のゆるキャラと写真を撮ったり、握手をしたりして楽しんでいた。

 二十四日も午前九時〜午後三時まで開催。主催者は、会場は足元がぬかるんでいるため長靴などでの来場を勧めている。 (寺本康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報