東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

自販機で買って社会貢献 聴導犬など補助犬支援 所沢市役所に

売り上げの一部が聴導犬支援に充てられる自動販売機=所沢市役所で

写真

 所沢市とコカ・コーラボトラーズジャパンは、「障害のある人もない人も共に生きる社会づくり」などを目指す包括協定を締結した。市は、売り上げの一部が聴導犬などの補助犬支援に充てられる同社製の飲料水自動販売機一台を、市役所一階市民ホールに設置している。

 市は二〇一六年、市内の補助犬三頭(盲導犬二、聴導犬一)に感謝状の意味合いを込めた特別住民票を交付するなど、共生社会を目指している。今回の自販機設置もその一環で、前面などに特別住民票を交付した聴導犬「あみのすけ」などをデザイン。売り上げの一部は公益社団法人日本聴導犬推進協会(ふじみ野市)に寄付される。

 この自販機は環境にも配慮し、プラスチックによる海洋汚染を少しでも食い止めようと、ペットボトルではなく缶を販売する。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報